押上で研修制度が充実しているタクシー会社はどこ?

タクシードライバーになるためには、普通免許ではなく2種免許が必要ですが、ほかにも多くの知識や技術を習得しなければなりません。

そこで、一般的には、多くのタクシー会社で新人ドライバーのための研修制度が導入されています。

押上で研修が充実しているタクシー会社としては、新人サポートの体制が整っている新和自動車がおすすめです。

今回は、タクシードライバー研修の重要性や、新和自動車がおすすめの理由について紹介します。

新人タクシードライバーにとって研修は非常に重要

タクシー業界未経験の場合には、まず研修で自動車教習に通い、タクシードライバーに必須の2種免許を取得しなければなりません。2種免許を取得していないとタクシードライバーとして働くことができないため、必ずこの研修を受ける必要があります。

個人でも2種免許を取得しに行くことは可能ですが、その場合には自身で費用を負担しなければなりません。

押上を含む東京23区など一部の地域でドライバーとして働くためには、2種免許以外にも地理試験に合格する必要があります。この試験は、幹線道路や施設関連図などを暗記する必要があり、未経験者にとっては非常に難易度が高いです。

新人ドライバーの研修が充実しているタクシー会社であれば、この地理試験の対策も含めた内容が計画されているため合格しやすくなります。

また、研修では基本的な接客についても学べるため、接客業が未経験の場合には重要度も高まるでしょう。さらに、タクシードライバーとして働く際は法令なども大切ですので、研修を通して業務に必要な知識を深めることが重要です。

タクシードライバーは、運転技術や知識、接客やトラブル対処など、幅広いスキルが求められる仕事であるため、研修制度は必要不可欠といえます。しかし、研修を充実させているからこそ、未経験で何も分からない状態からでも始められる仕事でもあるのです。

タクシー会社によって差はありますが、一般的には入社して1ヶ月前後は研修期間となるでしょう。

新和自動車の研修制度

上記で紹介したとおり、タクシー会社の研修は非常に重要度が高いです。

そこで新和自動車では、未経験者でも安心して一人前のドライバーを目指せるような充実した研修を行っており、毎年都内のホテルで「新人研修会」も開催しています。

この研修会は、取締役や運行管理者、組合の会長などが講師として参加し、新入社員がタクシードライバーとしていち早く活躍できるように助言やアドバイスを受けられるイベントです。

ほかにも、押上周辺では外国からの来訪者も多いことから英語研修を実施するなど、客層に応じた対策も行っています。

そして、新和自動車の研修制度は内容を充実させているだけではありません。新人ドライバーの経済的なサポートもしっかりと行い、未経験者が入社後に取得しなければならない2種免許の取得にかかる費用の全額を会社で負担しています。

さらに、基本的に1ヶ月前後ある研修期間中も日給1万円の給料が支給されるため、乗務できない間の収入を心配する必要がありません。

ドライバーとして働き始めても、新和自動車は3ヶ月間の給与保障として30万円の固定給を支給します。そのため、新人ドライバーも収入を心配せずに安心して経験を積むことができるでしょう。

このように、研修だけではなく収入面も充実したサポートを行っていますので、未経験でドライバーを目指したい方はぜひ新和自動車にご応募ください。

まとめ

未経験者がタクシードライバーになるためには、2種免許取得や地理試験合格だけではなく、接客や運転技術、法令の知識などさまざまな研修を受ける必要があります。

これは、一人前のドライバーとして安心して働くためにも必要不可欠です。

多くのタクシー会社が研修制度を導入していますが、新和自動車では新人研修会の実施など、新入社員の研修により注力しています。

さらに、2種免許取得費用の負担や給与保障など、新人の収入面のサポートも充実しているため、これからタクシードライバーを目指す方は、ぜひご応募ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA