新和自動車の立地の良さが安定した収入につながる理由

タクシー運転手の売上はタクシー会社の立地の良さも影響します。タクシー需要の高い地域で営業することで、多く稼ぐことが可能です。ここでは、タクシー会社にとって立地の良い場所とは何なのか、新和自動車の立地はどうなのか、解説します。

タクシー会社の立地の良さとは?

タクシー会社を選ぶうえで、立地の良さは重要です。立地が良いことで、稼ぎやすかったり、通勤が楽だったりします。しかし、どのような場所が「立地が良い」と言えるのでしょうか。ここでは、タクシー会社の立地の良さについて解説します。

中心地に近いこと

タクシーは最高乗務距離が決められています。最高乗務距離とは、出庫から入庫までの1勤務の間に走行できる距離の限度のことです。タクシーの最高乗務距離は1日365kmと定められています。

中心地に近いと、タクシーを発車させてすぐにお客様を乗せることが可能です。そのため、営業として走れる距離を長くできるほか、営業開始までの時間ロスも軽減できます。

ほかにも、中心部に行けば飲食店や大手企業の本社支社が多いため、営業しやすいのもメリットです。中心部は深夜の帰宅層を狙えるスポットが多く、稼ぐのに適しています。

富裕層が多い地域

富裕層はタクシーを多く利用する傾向にあるため、富裕層が多い地域にあるタクシー会社も立地が良いといえます。東京の千代田区や港区、中央区などは芸能人や富裕層が多いため、営業しやすいスポットです。

家から通いやすいこと

家とタクシー会社の車庫が近いかどうかも重要です。家とタクシー会社の車庫が近いと、通勤時間を短縮できます。通勤時間が長いとプライベートの時間も少なくなりますし、通勤にかかるストレスも大きくなるでしょう。

家から遠い場合でも、社宅や寮があれば、通勤時間を短縮できます。またタクシー会社によっては、仮眠室や浴場を備えていることもあるため、設備をうまく活用すれば隙間時間も無駄にはなりません。

立地の良さで選ぶなら新和自動車がおすすめ

新和自動車は東京特別区(都内23区、武蔵野市、三鷹市)が営業エリアで、立地に優れています。江東区に位置しており押上駅(京成押上線・都営浅草線・東京メトロ半蔵門線・東武伊勢崎線)から徒歩10分のため、アクセスしやすく便利です。

また本社近くには東京スカイツリーがあり、観光を目的としたお客様も多いため、タクシー需要が高く安定した売上に期待できます。

新和自動車は運送業の大手企業「km国際自動車グループ」に加盟しているのも強みです。km国際自動車グループに加盟したことで、都内に20ヵ所以上ある、km専用のタクシー乗り場を利用できます。

まとめ

タクシー会社へ入社するにあたって、立地の良さは気をつけたいポイントです。立地が良い場所で営業することで、効率的に稼げます。新和自動車は東京の中心部が営業エリアであるため、営業しやすいのが魅力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA