新和自動車の働きやすい車両「ジャパンタクシー」の魅力を紹介

タクシー運転手にとって、タクシーの乗り心地は重要です。またお客様を乗せて目的地へ運ぶ仕事であるため、車両設備はリピート率にも関わってきます。新和自動車が順次導入している「ジャパンタクシー」とは、どのようなタクシー車両なのでしょうか。

この記事では、新和自動車が導入中のタクシー車両「ジャパンタクシー」について詳しく解説します。

タクシー運転手にとって車両設備が大切な理由

タクシー運転手にとって車両設備が重要なのは、働く環境であることや業務にかかわるためです。ここでは、車両設備が大切な理由を詳しく解説します。

働く環境であるから

タクシー運転手にとってタクシーは「働く環境」です。長時間運転するため、乗り心地が良くないと身体的に負担がかかります。また乗り心地の良い車であれば、働くときのモチベーションも上がるでしょう。

業務にかかわるから

タクシーはお客様を乗せて目的地へ送る仕事です。乗り心地の良い車にお客様を乗せることで、ゆったりと快適に過ごしてもらえ、リピート率も高まります。

また燃費が良い車であれば、長時間の走行でも安心ですし、コストもかかりません。また掃除しやすい内装や素材であれば、業務が効率化され身体的にも楽になります。

新和自動車が導入中の車両「ジャパンタクシー」の特徴

新和自動車のタクシーは、2017年にトヨタから発売された「ジャパンタクシー」を順次導入しています。従来のタクシーでは、コンフォートやクラウンセダンが主流でしたが、このジャパンタクシーはワゴンタイプです。

ここでは、ジャパンタクシーの特徴や魅力について詳しく解説します。

使いやすい・過ごしやすい

ジャパンタクシーは、ドライバー目線で分かりやすく整理された車内レイアウトが魅力です。機器スペースや運転席ドアポケットといった収納スペースも確保されているため、必要な書類も楽々収納できます。

またスイッチレイアウトも、押しやすさや使いやすさを重視して設計されているため、運転しやすく快適です。そのほか、充電用USB端子が備えられ、スマホやタブレットも充電できます。内装は掃除しやすい素材と形状を使用しているため、日々のメンテナンスも簡単です。

安心できる

座席シートやシートベルトなど、お客様の手が触れやすい部分は抗菌性能が備えられているため安心です。また車いすの方や小さなお子様向けに、乗車を助けるシートやグリップといった設備も充実しています。

スロープ部分の改良やパーツの見直しもされ、車いすの方の乗降がスムーズで便利です。安全機能面においても、「自動ブレーキ」や「踏み間違い時加速抑制装置」が搭載されているため、万が一の運転時のミスもサポートしてくれます。

まとめ

新和自動車では「ジャパンタクシー」を導入しています。ジャパンタクシーはタクシー運転手が乗りやすいよう設計されているため、快適で働きやすいのが魅力です。また安全性も重視されているため、お客様を安心して乗せられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA